学校法人敷島学園 厚生労働省認可 文部科学省指定 ヨコスカ調理製菓専門学校

調理師やパティシエを目指すならヨコスカ調理製菓専門学校で学ぼう

  • ツイッター
  • ライン
  • フェイスブック

在校生の声・卒業生の声

目標に進む在校生、元気に働く卒業生

これから調理師を目指すみなさまへメッセージをお届けします。

調理師 上級専科(2年制)・専科(1年制)

在校生の声

小林 理甫さん

小林 理甫さん

栄養面、調理ともに「食」に関するプロをめざし中!

管理栄養士として働いていましたが、もっと調理を学びたいと思い、1年間勉強することに決め、入学しました。

実習の授業では、先生のデモを見つつその通りに魚や肉をさばき、1つの料理を完成させます。少人数で臨めるので話し合いで身につくことも多く、細かい部分も先生にしっかりとアドバイスをいただけるので、とても勉強になります。

気持ちをしっかり持って、前向きに頑張ってくださいね。

出身:東京聖栄大学

鶴田 昌美さん

鶴田 昌美さん

現役で活躍中のシェフや料理長のもとで学べます。

調理師は、「食」を通じて人に喜びを与えられるとても魅力的な職業です。

資格をとるために学ぶべきことは多いですが、ヨコ調ではプロの方が指導してくださるので、直接いろいろなお話を聞くことができてためになり、また楽しくもあります。

また、基本的な挨拶や身だしなみなども厳しく指導してくださるなかで、社会人としての常識をたくさん教わりました。

将来は大好きなお菓子をたくさん作り、多くの人に喜びを与えたいです。

出身:私立駿台甲府高等学校

佐藤 健一さん

佐藤 健一さん

少人数制での授業と実習での応用技術で確実に学べます。

父が寿司店を経営していたため、小さな頃からその姿を見てお客様を笑顔にすることの素晴らしさを知り、調理師をめざすきっかけに。

インターンシップではホール業務や仕込みなどを担当し、疑問を残さない少人数の授業や実習で学んだことを十分に生かすことができました。

学んでいくうえでいろいろと大変なことや気持ちがブレたりすることもあるかもしれませんが、強い気持ちを持って頑張ってください!

出身:法政大学

小林 美里さん

小林 美里さん

調理師の父も、ヨコ調出身。父をめざして入学。

創作和料理屋でのインターンシップを経験しました。

ホール、皿洗い、掃除、仕込みなど、一通りのことを担当させてもらいました。

実際の仕事の現場に立つことで、次のことを考えて仕事をすることや、一つのことに集中するだけでなくまわりを見つつ自分から動いていくことなど、授業だけでは身につかなかったことも学ぶことができました。

まずは体が資本です。生活リズムを整え、学びに励んでください。

出身:神奈川県立横須賀大津高等学校

服部 裕太さん

服部 裕太さん

学べる内容のレベルが高い!だから夢が叶います。

ヨコ調では1年間学ぶことで調理師免許を取得することができるので、夢に一歩近づくことができると思い、入学しました。

授業のレベルは高く、いままで知らなかったことをたくさん身につけられます。

特に実習はレベルが高く、難しく大変に感じることもありますが、完成したときの達成感は次のやる気にもつながります。和食の調理師をめざして今も頑張り中。

みなさんも頑張ってください。

出身:神奈川県立磯子工業高等学校

愛甲 慎之介さん

愛甲 慎之介さん

クラスメートにも恵まれ、楽しく充実の学校生活です。

中学生の頃から料理が好きで、その頃に説明会に行き、高校を卒業したらヨコ調に入るとずっと決めていました。

先生の教え方がすごくいいところやクラスメートも皆いい人ばかりで、楽しく学校生活を送ることができています。

特に楽しいのは実習です。同じ班のメンバーと共同作業で一つの料理を完成させることに、達成感と喜びを感じます。調理師は楽しくやりがいがある仕事なので、おすすめです!

出身:私立秀英高等学校

卒業生の声

山田 脩斗さん (調理師専科2014年卒業)

山田 脩斗さん

調理の基礎や社会人としての心構えを学びました。

ホテルのシェフとして働くことが夢でした。先生方の丁寧で親身なご指導のお陰で念願の職に就くことが叶い、今は中国料理部門を担当しています。先輩のもとで料理の盛りつけまでさせていただいています。

〝わからない事は躊躇せず確認する”を常に心がけ、早く一人前の料理人になれるよう日々励んでいます。「仕事をもらえる環境は、自分で作る」と、教えてくれたのがヨコ調です。一緒に働ける日を楽しみに待っています。

勤務:横浜ロイヤルパークホテル

出身:神奈川県立津久井浜高等学校

小堀 友奨さん (調理師専科2014年卒業)

小堀 友奨さん

校訓「礼儀・努力・思いやり」の大切さを、実感しています。

調理師は安心・安全を提供する仕事なので、衛生観念は最優先です。

また、挨拶ができないことには仕事をさせてもらえません。ヨコ調ではこういった基本的なことをはじめ、さまざまなことを小テストで学ぶことができ、現場で大きく役立っています。職場見学だけではわからないと思うので、目標とする先輩・上司を見つけ、直接会って話を聞くのもいいと思います。

勤務:ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
   ブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」

出身:私立三浦学苑高等学校

調理師 普通科 高等学校コース

在校生の声

佐藤 匠さん

佐藤 匠さん

料理の盛り付けや味などを体感するために、どんどん食べ歩きをしてください!

小さい頃に見た美しい料理に感動し、自分も作れるようになりたいと思いこの道を目指しました。

ヨコ調を選んだ理由は、きちんと礼儀を学べるというところや卒業生の卒業作品が素晴らしかったこと。実習では、ひとつの料理を自分一人ではなく共同作業で作るので、協力することや段取りの大切さなどを学べ、仕事に近い経験ができ勉強になりました。

感動してもらえるような料理を作る天ぷら職人になるのが夢です。

内定先:(株)天一

出身:横浜市立岩井原中学校

清水 大輝さん

清水 大輝さん

一から自分で手がける「料理」は、すばらしい仕事。

実際の授業では、講師の方が目の前でデモンストレーションして調理光景を見せてくれます。

もともと入学のきっかけが、お客様の目の前で料理する料理人の姿に憧れたことからだったので、とても授業が刺激になります。

また、手際や順序などについても、目で見て、実際に手で動かし、頭を使うことによって、皆で力を合わせます。

お客様が喜んでくれる料理を出せたときは達成感でいっぱいです。

内定先:横浜ロイヤルパークホテル

出身:横浜市立戸塚中学校

川口 雄己さん

川口 雄己さん

よい先輩や後輩との出会いが、たくさんありました。

ヨコ調を選んだのは、修学旅行でフランスとイタリアで学べるということと、在学中に製菓衛生師の資格取得ができることです。

他の高校に比べ、試験科目数が多く大変ですが、好きなことなので頑張れました。

卒業後の進路のサポートもしっかりしていて、社会の厳しさやマナーについても指導してくれるので、就職への間口が広いのも魅力です。夢はフレンチと洋菓子を主体としたお店を持つことです。

内定先:ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル

出身:横浜市立港南中学校

藤口 恵理さん

藤口 恵理さん

自分にプラスになる学校

進路は調理師学校へ行きたいというのを決めていたので、自分に合いそうな学校を探しました。

各学校が行っている説明会にはほとんど出席しました。その中でヨコ調は先輩の受け答えや言葉の選び方、説明の仕方がとてもしっかりしていました。

この学校だったら、ちょっと通学距離は遠いけど自分にプラスになることが多いと思い入学しました。

2年生の時、製菓と介護食を選択し、資格を取得しました。今は毎日が楽しく、とても充実しています。

取得した資格:製菓衛生師受験資格、介護食士3級認定資格

出身:相模原市立大野北中学校

伊坪 京音さん

伊坪 京音さん

有名な料理長から採点されることで、自信になります。

他の料理専門学校とは違い、「高校卒業資格」「調理師免許」「介護食士3級」「製菓衛生師免許」など、たくさんの資格を同時に取得できます。

また、授業では挨拶や礼儀をしっかりと3年間教わってきたため、どのアルバイト先にいっても恥をかくことがありません!

さらに、説明会や体験学習などの学校行事でスタッフとして関わったことで、より理解が深まりました。人を幸せにできるお菓子を作りたいです。

内定先:ル・シュクル

出身:横須賀市立不入斗中学校

鈴木 玲奈さん

鈴木 玲奈さん

3年間ずっと同じクラスなので、仲が深まります。

保育園での調理の仕事に就くので、子どもたちが喜んでくれる、おいしく安全で安心できる料理を作っていきたいと思います。

ご飯を作って人に食べてもらったときに「おいしい」と言われるのはとてもうれしいことで、私がこの道を目指すようになったきっかけでもあります。

ヨコ調では授業もていねいで、進路について先生方が親身になって相談に乗ってくれたのもとてもよかったです。

内定先:京急サービス株式会社

出身:横浜市立森中学校

松下 健太さん

松下 健太さん

「信頼される」料理人を目指して、頑張っています。

将来のことを考えると「料理ができる」ということはいろいろと役に立つと思います。

ヨコ調はいろいろとカリキュラムも多く、時間を無駄にしないでみっちりと学べる学校です。

少人数制のクラスなので、全員の名前を覚えられて親しくなれるし、先生もおもしろいので授業が楽しいです!

実習では興味あることをどんどん経験のある先生から教えてもらえるので、とても勉強になっています。

内定先:横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

出身:横浜市立新井中学校

戸塚 雄大さん

戸塚 雄大さん

自分の手で、人に感動を与える料理を生み出したい!

小さい頃から料理が好きで、将来は必ず調理の道に進むと決めていました。

日本全国に名の知られるような和食の料理人になるのが夢です。

ヨコ調では、インターンシップなど仕事として関わる機会も豊富にあります。習はうまくいかないこともありますが、練習を重ねてどんどんできるようになっていく過程が楽しいです。

座学は知らないことを多く学べるので、大変ですがとても勉強になります。

内定先:横浜ロイヤルパークホテル

出身:横浜市立小田中学校

卒業生の声

大浦 賢介さん (2014年調理師普通科卒業)

大浦 賢介さん

インターンシップで学んだ責任感や緊張感。

憧れだったレストランのシェフとして充実した日々を送っています。

料理の一つひとつを丁寧にそして、安全で安心して楽しんで頂けるよう責任を持って作業をしています。

進路に役立ったことは在学中のインターンシップでした。実際の調理現場での研修は、授業とは違い責任感や日々の緊張感が必要となります。

私もまだまだ駆け出しです。学んだことをフルに活かし、早く一人前になれるよう、お互い頑張りましょう。

勤務:ローストビーフの店鎌倉山

出身:大磯町立大磯中学校

倉垣 千可良さん (2008年調理師普通科卒業)

倉垣 千可良さん

学校で学んだすべてが今の私を支えてくれています。

宴会料理に携わりたくて今の職場で働き始め、5年が経ちました。

後輩たちも入社し、社会人の先輩として指導の難しさを改めて感じています。

1年目は仕事を教えて貰う立場ですが、2年目以降は自分で探し、さらに仕事を与えられるような環境作りも重要となります。

学校で学んだ「礼儀・努力・思いやり」はもちろんですが、授業で教えて頂いたことのどれもが社会で必要としていること。すべてを吸収しておくことをおすすめします。

勤務:ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル

出身:横浜市立洋光台第一中学校